DHA EPA比較ランキング

DHA・EPAを使用したサプリメントはとても人気があります。そのために各社がこぞって発売をしています。そのためこの商品を選んでいいかわからないということがおきてしまうかもしれません。各商品を選ぶ際の参考に見ておきたい特徴があればいいのに!と。思う人もいるかもしれません。そこでここでは、メーカーの信頼度管理体制、特に原材料である青魚の安全性商品の価格生活習慣病アルツハイマー(痴呆症)などの予防・改善などの点を考慮に入れたDHA・EPAのサプリメントの比較ランキングを作ってみました。購入の際に、参考にしてください。

サントリーDHA

9年連続DHA売上NO1の実力!

サントリーDHA

サントリーDHA詳細はこちら

サントリーのDHA&EPA+セサミンEは、体内では生成されないため積極的に摂取したいDHA/EPAといったオメガ3系脂肪酸を配合したサプリメントです、9年連続で売り上げ1位を守っています。
さらに歳を重ねるごとに機能が衰え増えてしまう活性酸素を除去し身体の機能を助けるセサミンも配合していることから、他の会社のサプリメントとは、違う効果も体験できます。老化に伴う心疾患やアルツハイマー、痴呆症の予防にも人気です。

 

きなり

人気急上昇中!DHAEPAを効率よく摂取!

きなり

きなり詳細はこちら

4粒でDHA・EPAを 500mg摂取することができます。これは、厚生労働省が勧める1日の摂取量の半分に値します。さらに魚独特の青臭さがなくとても飲みやすいと評判です。少し値段は高めですが、ネット上などで人気のある商品です。

 

味の素「DHA&EPA」

お手頃価格で試したいならコレ味の素

DHA&EPA

きなり詳細はこちら

DHA&EPAは、毎日の食生活で不足しがちなオメガ3系脂肪酸を500mg配合しています。サプリメントは続けてこそ意味があるのですが。味の素はDHA&EPAの含有量も少なくないのに、かなりお得な価格設定なので、幅広い年齢層に支持されています。味の素は製薬会社ではないものの世界的に評価の高い日本の食品メーカーのひとつとして安心して摂取できます。

 

イマーク

中性脂肪に悩む中年に大人気!

イマーク

きなり詳細はこちら

6.2秒に1本売れるというとても人気の高い商品です。なんと2ヵ月半で100万本突破したという脅威の記録を持っています。 EPA600mg+DHA260mgという高配合の数字をほこっています。何よりも人気が出た原因としては、 中性脂肪が約20%低下が認められたということで中性脂肪に悩む中年の人に愛飲されています。特定保健用食品認定で安心して使用できます。飲みやすいヨーグルト味のドリンクタイプなので、手軽に飲むことができます。

 

小林製薬

品質・保証・信頼性を重視するなら小林製薬!

DHA&EPA EX

きなり詳細はこちら

小林製薬のサプリメントならば安心ができます。なぜならば製薬会社の厳格な管理基準でつくられる高品質な商品といえるからです。特にうれしいのが添加物などの余分な成分を一切加えず体にやさしいサプリとなっているところです。着色料・香料・防腐剤などを一切加えていないので、自然派思考の人でも利用しやすいサプリメントといえます。また数多くあるサプリメントの会社の中で唯一、購入者理由による開封後の返金保証もしてくれます。品質・保証・信頼性がそろっている製品といえます。

 

DHAとは

DHAを使ったサプリメントが世の中に出回っていますが、それでもDHAとは何なのか?ということを聞かれるとはっきりとは知らないという人が多いと思います。そこで、サプリメントなどでDHAを摂取する前に、DHAに関して正しい知識を身につけたいと思います。それでは早速調べてみましょう。

 

DHAとは?

魚の不飽和脂肪酸DHA

DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略で、魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸のことです。多く含まれている魚にはマグロ、ハマチ、サバ、イワシなどがあります。

残念なことにDHAは体内で生成することができません。そのために食べ物からの摂取でしか、体の中に取り入れることができないのです。DHAは必須脂肪酸で、人間には欠かせない栄養素です。

 

DHAにまつわる学説

DHAを食べると俗に頭が良くなるといわれています。DHAが神経細胞であるニューロンの生成に関連しているからだと考えられます。DHAは脳の働きを活発にしたり、記憶力や学習能力を高める働きがあるといわれています。日本人の子供の知能が高いのは魚を食べているからだといわれることもあります。これはDHAの効果で知能指数が高いのでは?という考えからきています。
さらに、コレステロールの抑制や血栓を予防する効果があるといわれています。グリーンランドに住むイヌイットは、脳血栓・心筋梗塞をほとんど発症しないといわれています。イヌイットの食料であるアザラシや魚に含まれているDHA効果で血がサラサラだからでは?と考えられています。
これらの学説が発表されると、DHA・EPAが注目・研究され、もっとたくさんのDHAが持つ驚くべき効果が発見されてきています。

 

DHAの有効性

DHAは、どうして体にいいといわれているのでしょうか?それは、動脈硬化、高脂血症、認知症等の予防や改善、脳の活性化、アトピー、アレルギー等の改善、がんの発生、転移の抑制などの有効性があるといわれているからです。また特定保健用食品として許可された製品は、血液中の中性脂肪値を下げる効果が期待できるというために、トクホの表示ができるのです。

 

DHAの摂取

DHAの安全性についても気に名ところです。適切な摂取だと安全であるとされています、しかし、大量摂取は避けた方がいいでしょう。DHA自体には副作用はないとされています。しかしDHAやEPAを含む魚油は、げっぷ、嘔気、鼻血、軟便などの副作用があるとされています。もしものことを考えるのであれば、妊娠中・授乳中に関して派摂取を避けたほうが無難かもしれません。

EPAとは

DHAとセットのように使われるのが、EPAです。しかしDHA に関しては知っている人が多いものの、EPAに関してはあまり知られていないようです。そこで、EPAに関してのと知識を増やしてみましょう。

 

EPAとは?

EPAとは、エイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸です。EPAはいわしなどの魚油から取られます。脂肪酸には2種類あって中でも、EPAは体にいいとされる不飽和脂肪酸です。中性脂肪の低下や記憶力の向上が期待できます。

 

EPAの効果

動脈硬化の改善が挙げられます。動脈硬化の原因である、血小板凝集を抑制してくれる働きがあるとされています。さらに予防にも役立ちます。心筋梗塞や、虚血性心疾患の原因である心臓に近い血管である冠状動脈に効果があるとされています。死亡リスクが低くなるとという研究結果もあります。
花粉やアトピーの改善も期待できます。炎症やアレルギーを改善・軽減してくれるようです。炎症やアレルギーの原因であるプロスタグランジンやロイトコリエンを抑制するからです。成人病予防にもなるといわれています。
中性脂肪を減らすと期待されています。血液をサラサラにする効果があるのです。特に、中性脂肪を減少させるといわれています。高脂血症や血栓症、高血圧などの原因を抑制します。
女性にうれしい効果としてGLP-1ホルモン、つまり痩せるホルモンの分泌を促進し手くれることもわかっています。

 

EPAとDHAの違い

EPAとDHAは、同じ不飽和脂肪酸の仲間です。さらに詳しく言うと多価不飽和脂肪酸のn-3脂肪酸という種類の仲間なのです。2つはとても似た存在であるといえます。
効能も似ており、動脈硬化などの生活習慣病を予防します。
ただ違いを上げるのであればコレステロールの減少にはDHA、中性脂肪の減少にはEPAがより効果を発揮するといわれています。DHAは脳に到達し、脳神経を活性化しますが、EPAは脳に働きかけることがありません。

 

EPAの上手な摂取方法

魚からの摂取を目指す場合には、いわしなどの青魚が多くEPAを含んでいることから青魚を摂取することができます。しかし、注意したいのは特に大きな魚には、水銀が含まれる場合があります。妊婦さんが多量の摂取してしまうと、水銀が胎児に影響を与えるかもしれないといわれています。このような問題を解決してくれるのがサプリメントを上手に利用することです。